レポート

JBCF南魚沼クリテリウム、ロードレース 結果

2021年9月22日

リザルト

9/19 リテリウム

E1
39位 八幡 光哉

9/20 ロードレース

E1
38位 八幡 光哉
43位 秋好 佑太

E3
28位 中林 航大
52位 竹内 碧海

選手コメント

八幡 光哉

【E1 クリテリウム】

日曜日、約2カ月ぶりとなるロード系のレース「第1回JBCF南魚沼クリテリウム」に出場してきました。
正方形に近いようなうな約1.2㎞を20周。
7月くらいからコンディションを崩し、その影響でトレーニング量も減り負のスパイラルで、ここ最近ようやく浮上してきた形。
無難に終盤まで集団内にて走るも、ややつらい。
そんな最終周回。
1コーナーをアウト側で走るも、選手たちで過密になる成果コーナー明けでハードブレキングせざるを得ない状況、
高めにしていたギア比があだとなり集団を見送り失速して39位にてフィニッシュしました。
コンディションの悪い中、それを補うべき集中力や判断力を欠いていたように思います。

【E1 ロードレース】

南魚沼クリテリウムの翌日、月曜は「第6回JBCF南魚沼ロードレース 第55回経済産業大臣旗ロードチャンピオンシップ」
というやたらと長いタイトルのレースに参戦しました。
既出のコンディションが上がっていない状況で、いかにそれを最大化し走るという…何しに来たの?レースしろ!というところ。
レースは12㎞を7周する84㎞。 3周目の登りで(おそらくアタックがかかり)ドロップ。
同様にドロップした選手たちと集団を形成し、走行。
湾岸やホダカといった見知ったチームも多く、コミュニケーションをとりつつ力を合わせる。
しかし、余裕をもっていたつもりが体は悲鳴を上げていたようで最終周回の登坂頂上付近で一人ドロップ。
ひとり寂しく38位でフィニッシュ。 クリテリウム同様に残念な結果となった。
ただ、コンディションが徐々に回復している最中の一つの起爆剤にはなったように思う。
これを機に強度を上げてトレーニングし、シーズン終盤に備えたい。

 

秋好 佑太

【E1 ロードレース】

7月から計画的に練習に取り組めており、当日の調子もよく、表彰台を目標にスタート。
前半のペースは問題なく着いていけたが、暑さ対策不足、下りの技術不足などで脚が削られる。
5/7周目の登り区間でアタックが散発し、前に15人ほどが先行、8人くらいの集団に取り残される。
登り終わりに前が緩んでいたためローテーションして前を追おうとするもアップダウン区間で千切れる。
このグループは先頭集団に合流したため、ここで粘らなければならなかった。
この後一周単独で走り、後ろから大きなグルペットがきたが、ついていけずにラスト一周に入るところで足切りなった。
今回のようなサバイバルレースで勝負できるよう、今後は考えて練習していきたい。

 

中林 航大

【E3 ロードレース】

ダム湖を周回するアップダウンの激しいコース設定、登坂で遅れない事がポイントと予想して出走。
1周目は集団後方で様子を見ながら登りをこなしていく。
思ったより登坂での集団のペースは上がらず、踏みすぎないことを意識しながら耐える。
下りは終始ハイペースだが、体重があるおかげで踏まずに集団内で休めた。
下りながらのコーナーで落車が多発。
2周目も同様に集団後方で位置取り、登坂は踏まない様に耐え、下りはしっかり休む事を意識できた。
ここまで順調に走っていたが、3周目に入る直前の緩斜面で、目の前を走っていた選手が突然の転倒。前にハスったか??
落車はしなかったものの完全に一度ストップしてしまい、集団から離れてしまった。
すぐに走り出したがすでに150mほど距離があり、かつ最終周回の登坂でペースが上がり始めていたためか追いつく事ができず。
数人でパックを組みペースで登り、下りは前が牽制に入っている事を祈りながら淡々と踏んだ。
結局追いつくことは出来ず、グルペットの先頭でゴールとなった。
減量にも取り組み、予想よりも登坂で生き残れましたが、思わぬところで足元を掬われた結果となりました。
不完全燃焼に終わったので愚痴が絶えませんが、この悔しさは来週の群馬2連戦にぶつけます。
応援よろしくお願い致します。

 

竹内 碧海

【E3 ロードレース】

結果 完走
得意なコースレイアウトということで表彰台を狙って万全な状態で臨んだ今季初レース。
1周目の登り、目の前で起きた落車に巻き込まれ、5分でレース終了でした。
復帰後は練習のつもりで淡々と踏み続け、4分程遅れてゴール。
狙っていただけにかなりショックですが、調子が良いことは確認出来たので今週末の群馬で良い走りをしたいです。

ランキング

【チームランキング】
2位 ・・・ 2541pts
公式サイト

【個人ランキング】 
3位  佐藤 信哉 ・・・ 790pts
11位 中島 雅人 ・・・ 428pts
17位 八幡 光哉 ・・・ 335pts
公式サイト

2021.9.21時点

Photo

御礼

【ユニフォームスポンサー】
福岡トランス株式会社
株式会社イシバシ
医療法人社団扶洋会秦病院
医療法人西福岡病院
株式会社IOMIC
株式会社ヨシケイ福岡
株式会社博運社
FES
九州酸素株式会社
株式会社藤原運輸
株式会社ジェイプレゼンツ
ホテル四季靭公園

【ウェア】
Championsystem

【ソックス】
FOOTMAX

【キャップ】
FEELCAP

【Photo】
Kensaku SAKAI

有限会社ライフステージ福岡
ヨシケイ会のみなさま
クラブパラボラのみなさま
チームサニーサイドのみなさま
L’equipe de Ryoのみなさま
チームフィトコのみなさま