レポート

4/24.25 JBCF東日本ロードクラシック群馬大会 結果

2021年4月26日

4月24日 Day-1 

【E1】
2位   佐藤信哉
24位 田中亮祐
32位 八幡 光哉
38位 中島雅人

【フェミニン】
DNF 杉浦 佳子

 
 
 
 
 

4月25日 Day-2 

【E1】
2位   佐藤信哉
34位 八幡 光哉
45位 中島雅人
50位 田中亮祐

【E3】
17位 原田翔世
53位 中林航大

【フェミニン】
DNF 杉浦 佳子

レース概要

今回は、E3で原田翔世がデビュー戦となりました。
チームは前日にレースの作戦だけでなく、
レース出場の為に必要なスケジュール確認や段取りなど、
メンバー同士でしっかりミーティングを行ない、
スタートラインに立ちました。

【E1レース Day-1】

初日の作戦は数名の有力選手をマークし、
それら選手の動きに応じて作戦をフレキシブルに。
決めごととしてはチームメイト同士近くを走ることと、
どんな局面でも数的有利な状況を作ること。
勝負は後半戦に。
全員が終盤まで集団に残ることができたことから、
最終周、中島が集団から抜け出し、あわや逃げ切りの期待もあったが、
最後の登坂で集団に吸収されました。
ただツアーリーダーの松木選手(VC VELOCE)や川勝選手(MiNERVA-asahi)など、
有力選手が追走せざるを得ない状況を作り出すことができ、
ゴールスプリントは消耗が少なかった佐藤が、
有利な状況から、なんとか2位となった。

【E1レース Day-2】

チームの作戦としては後半勝負。
スプリンターが多いことからペースを抑え気味に、
なるべく多くの入賞者を出す狙い。
ただやはり逃げには人を送り込み、後手には回らないこと。
序盤は田中が2度程逃げに乗り、
他チームに追わせる状況を作ることができた。
ラスト40㎞ほどで、佐藤が集団を抜け出し、
それに川勝選手(MiNERVA-asahi)が合流し、
そこから2名で集団との差を最大1分まで広げる。
ラスト2周に入る手前で神村選手(Promotion×Athletes CYCLING)が合流し、
3名で逃げ切りを目指すが、最終周に集団吸収される。
結局集団スプリントとなり、佐藤が2位となる。

ランキング

☆Jエリートツアー チームランキング  ・・・ 2位

選手コメント

こちら

フォトギャラリー

Day-1

Day-2

Photo:Kensaku SAKAI / FABtroni+camera

有限会社ライフステージ福岡
ヨシケイ会のみなさま
クラブパラボラのみなさま
チームサニーサイドのみなさま
L’equipe de Ryoのみなさま
チームフィトコのみなさま