レポート

JCL 那須塩原クリテリウム リザルト

2022年10月24日

開催日時 2022年10月23日
開催場所 栃木県・那須塩原市
カテゴリー JCL
レース形式 クリテリウム
距離 45km(1周1.8km×25周)

 

リザルト

✅ 向川 尚樹 DNF
✅ 武井  裕 DNF
✅ 横塚 浩平 DNF
✅ 中島 雅人 DNF
✅ 渡邊 諒馬 DNF

 

早川祐司監督 レース後のコメント

JCL栃木2連戦の2日目となる、那須塩原クリテリウムが那須塩原駅前大通りで開催。
前日のしおやクリテリウムでの落車による負傷で全体でのレース出走者数が少なく、主要メンバーを多く残したトップチームによるハイスピードなレース展開が予想された。
ストップアンドゴーの続くコース特性から、集団前方でのポジションキープが大前提となる。
序盤から渡邊が積極的に集団前方で動き、逃げにチャレンジ。
レースペースが非常に早くなかなか落ち着かない中、横塚が持ち味の嗅覚を生かし良いメンバーの逃げを形成。
数周に渡り逃げ続ける。
しかしこの逃げもその後勢いを増した集団に吸収。
このタイミングで決まったカウンターに主要チームのエース級が入り、レース終盤まで逃げ続ける。
その後追走グループ内で横塚が再度先頭に出て他チームと逃げを追うが、逃げに選手を乗せている主要チームとの思惑が一致せず万事休す。
完走13名というサバイバルレースで結果に繫げる事が出来なかった。
今回のようなハイスピードレースにおいてチームとしてもうワンランクの底上げが必要であると感じた。
JCLのポイント対象となるツールド沖縄を含め残り3戦。
一人一人が集中力を切らさずにチームとして一体感を持ち闘い抜きます。
引き続き応援宜しくお願いします。

 

向川尚樹選手 レース後のコメント

今回のクリテリムも前々でレースを進めないと、体力を削られるコースレイアウト。
前方へ上がろうとするアクションも出来ないまま、レースを終えてしまった。
応援・サポートをして下さった皆さん、そしてチームメイトに申し訳ないの一言。
今シーズンも終盤だが、諦めず全力で行く。

 

横塚浩平選手 レース後のコメント

逃げに乗れるタイミングで前日の落車による変速機のトラブルが起き、しばらく宙ぶらりんの状態で足を使い過ぎてしまった。
消耗し過ぎてしまったと感じ集団に戻ってからは可能な限り渡邊選手の引き上げを行おうとするも上手く連携が取れず2人ともドロップ。
不運もあったがそれを覆すだけの力が無かった事も事実なので、真摯に受け止めて改善していかなければならない。

 

中島雅人選手 レース後のコメント

力・技術ともに不足を感じる2日間だった。
来年にむけて改善する。

 

渡邊諒馬選手 レース後のコメント

レース序盤から前々で動き自分から動く場面もあった。
前日のレースキャンセルで今日こそはと言う気持ちが先走り冷静に動くことが出来なかった。
自分が動いた後に横塚さんが動きその後に逃げが決まった。
横塚さんが前にあげようとしてくれたがその時には限界でついていけなくて申し訳なかった。
もっと力をつける。

 

武井裕選手 レース後のコメント

二日間とも前で展開することが必須のコースであったのに上がることができず、全く貢献することができなかった。
沢山応援やサポートをしていただいた中で不甲斐ない内容で何より申し訳ない。来年に向けて走力・技術とも改善していきたい。

 

フォトギャラリー

📸 Misui Itaru (Instagram – @alljapan1990)

 

有限会社ライフステージ福岡
ヨシケイ会のみなさま
クラブパラボラのみなさま
チームサニーサイドのみなさま
L’equipe de Ryoのみなさま
チームフィトコのみなさま