レポート

サテライトチーム E1 中島 初優勝! 

2021年8月12日

8/15 JBCF きらら浜クリテリウムにサテライトチームが参戦!

地元九州各地では豪雨による被害もあり、
大会開催自体も危ぶまれる中、
大会会場の山口へのアプローチもチームワークで乗り切り、
強い気持ちでスタートラインに立つことができました。

結果はE1レース優勝をはじめ、
各クラスで入賞者を輩出!

災害等で厳しい遠征になりましたが、
明るいニュースをもたらすことができました。
ご声援、ありがとうございました。

リザルト

E1では中島がエリートレース初優勝!
開催された全カテゴリーで入賞を果たした。

E1 

優勝 中島雅人
2位   佐藤信哉
4位   田中亮祐


E2 

6位 千原一馬
8位 中村典

E3 

3位  辻野壱哉
7位  中林航大
11位  小松亮一

マスターズ

2位 佐藤信哉
8位 深堀理

公式リザルト ⇒ コチラ

選手コメント

【E1 中島雅人】
今日は作戦通りに走り、それが上手くいった。
他チームはVCヴェローチェの6名など、数を多く揃えているチームがいる為、
ライバルを減らすべく、積極的に自分達から攻める作戦。
佐藤さんが吸収されたカウンターで集団を抜け出し、あとは淡々と走っただけ。
向かい風区間はきつかったが、最後まで逃げきれてよかった。

【E1 田中亮祐】
自分の役目は後半勝負。
最後の1周までは予定通り。
佐藤さんの番手をキープしていたが、
最後の最後で位置取りをミスしてしまい、表彰台を逃してしまった。
正直悔しいが、また次戦、リベンジしたい。

【E3 辻野壱哉】
前めのポジションキープを心がけて臨んだ。
中切れが起きても上手く対応できた。
嬉しさもあるが、悔しさもあるレースだった。
まだレースシーズンは続くので、
特にクリテリウムを中心に頑張っていきたい。

【チーム代表 E1 佐藤信哉】
今回、災害による交通規制により、福岡から下道での会場入り。
メンバーの中には災害エリアだったり、そのエリアを通ってきたメンバーもいたが、
会場についた時はみなレースに集中していて、
しっかりスタートラインに立つ準備ができていた。

E1はこれまでアシストに回ることの多かった中島がついに日の目を見ることができた。
E3の辻野は今年からチームに加入し、
正直当初は走力レベルはさほど高くはなかったが、
冬場からもっとも粘り強くトレーニングを重ねてきた。
その成果が少しずつ出てきていると思う。

自分自身はこの2カ月で杉浦の合宿で2回ほど岐阜での高地トレーニングを行ない、
フィジカルは上がってきていた。
マスターズレースでは勝つことができなかったが、
それが今後にも繋がる大事な反省材料になり、E1レースでも生かすことができた。
次は少し間が空くかもしれないが、
群馬あたりを目標に、またしっかりと走れるように準備したい。

選手オンボードカメラ映像

E1レースで佐藤、中島のバイクにオンボードカメラを設置し、
出走いたしました。
Youtubeにて公開しておりますので、ぜひご覧ください。

【公式】VC福岡チャンネル

ランキング

個人年間総合で佐藤が3位へ浮上!

【チーム】
2位 ・・・ 公式サイト

【個人ランキング】
3位 佐藤信哉 ・・・ 公式サイト

 

Photo

今回もユースチームを含め、多数の集結となりました!
応援、サポート頂きましたみなさま、ありがとうございました。

御礼

【ユニフォームスポンサー】
福岡トランス株式会社
株式会社イシバシ
医療法人社団扶洋会秦病院
医療法人西福岡病院
株式会社IOMIC
株式会社ヨシケイ福岡
株式会社博運社
FES
九州酸素株式会社
株式会社藤原運輸
株式会社ジェイプレゼンツ
ホテル四季靭公園

【ウェア】
Championsystem

【ソックス】
FOOTMAX

【キャップ】
FEELCAP

【動画編集】
朋蔵(ガレージサイクルキッズ)

有限会社ライフステージ福岡
ヨシケイ会のみなさま
クラブパラボラのみなさま
チームサニーサイドのみなさま
L’equipe de Ryoのみなさま
チームフィトコのみなさま