未分類

舞洲TT クリテ 選手コメント

2021年9月8日

中島 雅人

【E1 1組目 クリテリウム 優勝】

10周目ごろに、スピードが緩んだタイミングでアタックに乗り、4人逃げ。
数周後に集団に追い付かれたと思ったら2人逃げになっていた。
その後、相棒がキツそうにしていたのでアタックして単独でゴールしました。
今回の遠征とクリテリウム連勝で、
レース内外でのサポートのありがたさを強く感じています、
ありがとうございました。
群馬でもよい結果を出せるように頑張ります。

 

佐藤 信哉

【E1 1組目 クリテリウム 3位】

チームは中島と2名参戦だったが、
コンビネーションが上手くはまり、中島が逃げ勝つことができた。
個人的には中島が中村選手(MiNERVA-asahi)を
いいタイミングで振り切ってくれたことから、
2位争いの集団の頭を獲ることへのモチベーションが高まった。
川崎選手(Team Zenko)とのスプリントとなったが、力及ばず3位…
負けたが怪我からのカムバックした川崎選手が復調しているのは、
自分としても励みになるのでいいニュース。
今後の対戦を楽しみたい。

【マスターズ クリテリウム 3位】

前半から積極的に仕掛けたが、集団から抜け出すことができず。
チームメイトの深堀との連携もミスってしまい、
スプリント争いも振るわず、いいとこなし。
課題の残る3位となった。

今回、個人的にはコンディション的に厳しい中でしたが、
第2の地元と言っても過言ではない大阪で、ご声援が力になり、
なんとか最低限の走りとなりましたが、
チームとして良い結果を残すことができて、少しホッとしています。
シーズンも終盤に差し掛かりますが、
最後までしっかりと走り切りたいと思います。

田中 亮祐

【E1 2組目 クリテリウム 3位】

今回が初参加の舞洲クリテリウムですが、すごく楽しむことができました。
スポンサー様・サポーター様、スタッフの皆様のご支援により、
集中してレースに臨むことができました。
ありがとうございます。

出走人数は35人程でVC福岡メンバーは深堀さんと自分の2名出走でした。
作戦としてはマークしている選手が逃げに出た場合は追走し勝ち逃げにする、
集団スプリントになった場合はバックストレートから早がけして逃げ切りを図る、
の2点のみを意識して挑みました。
結果的に勝ち逃げは生まれず、集団スプリントになったので、
予定通りバックストレートからなるべく速度差が生まれるようにスプリントをし、
ぎりぎりまで頑張りましたが、ゴール手前で2人に捲られてしまいました。
悔しいですが徐々に結果もよくなっているので、
次戦までにさらに成長してレースに挑みます。

深堀 理

【E1 タイムトライアル 18位】

E1とM(masters)のダブルエントリー。
路面はスリッピーで深い水溜まりもあり不良。
E1は私とTTを得意とする中島くんの2名でエントリー。
中島くんが試走で落車をしてしまいDNSとなってしまった。。
難しいコンディションだが、
チャレンジングかつ慎重に走ると決め、集中してスタートした。
ゼロスタートになる折り返しやコーナーを丁寧にこなしてゴールでした。
3分以内の好タイムで走れたので、順位は付いてくるかと思いましたが、
周りの選手は更に強く結果18位でした。

【マスターズ タイムトライアル 7位】

Mastersも集中し直してスタート。
しかし、折り返し後に速度を乗せ切れず、
E1のタイムよりも6秒も落としてしまい、
悔しくも7位という結果で入賞も逃してしまった。
次回の舞洲TTでは、少しでも記録を伸ばしたいところです。

【E1 2組目 クリテリウム 26位】

田中くんと出走。
最終周に田中くんを集団の前に引き上げることを目標、作戦とした。
中盤に1回目の落車に巻き込まれ、身体と機材問題なくニュートラルで復帰。
残り8周回で落車が起きてレース中断。
再開後から終盤に向けて位置取りが激しくなる。
残り2周で前に抜け出すが、鋭いアタックに反応出来ずポジションを下げてしまい、
そのまま上がり切れず‥。
しかし、田中くんはしっかり3位入賞を果たしてくれた。
私は集団最後尾でゴールでした。
レース展開の洞察力と終盤の駆け引きが課題です。

【マスターズ クリテリウム 14位】 

E1で出涸らし状態のなか、2時間で回復を図り佐藤さんと出走。
18周回、20分出し切り入賞を目標にする。
ほとんどの選手がダブルエントリーであり条件は同じ。
序盤からインターバルがかかるが、丁寧に位置取りして前目で展開する。
残り2周で佐藤さんのアタックに乗り、2人抜け出す。
佐藤さんが、僕のために献身的なアシストをくださっているなんて!
と感動していた矢先、最終周回に入ったところで後ろに降りてしまわれた。
どうやら普通にアタックだった様です(汗)
そのまま先頭に出てしまい、自分で行ってしまう判断をするも、
最終コーナーで集団に飲み込まれてしまいました。
結果、佐藤さんのナイスアシストが出来てよかったということで。
20分出し切って灰になれました。
今年はマスターズランキング7位で終了でした。

マスターズは、ナイスミドルの集まりですので、
安全性も担保されながらレベルの高いレースを走れます。
興味がある方は来シーズンご一緒したいです。

舞洲で私のJBCFのレースは終了予定です。
昨年はコロナ禍もあり、レース活動はほとんど無く、
モチベーションを保つのも難しかったですが、
今年から私自身の都合もありVC福岡でレース活動をさせて頂いて、
チームメイトをはじめ、サポーターの方々の応援のなか走ることが出来て、
貴重な経験をさせて頂き感謝です。
この場をお借りして御礼とさせて頂きます。
大変ありがとうございました。

中村 典

私が参戦できるレース数が少ない中、
スポンサー様やメンバーのサポートのお陰で参戦出来た貴重な大会でした。
とても感謝しています。

【E2 タイムトライアル 15位】

・3:03秒
深堀さんにポイントを教わりながら試走をした。
スタート早々にクリートキャッチミス。もったいない。
取り戻そうと全開でスプリント。
第3コーナーあたりから垂れ始めてコーナーの処理速度も遅くなり、
直線でも踏めてない印象。
普段からスピードの維持を意識してトレーニングに取り組み、
次回は−10秒を目標にしたい。

【E2 クリテリウム 10位】

ほぼ最後尾からスタート。
スタート直後のアタックで集団は縦に伸びていた。
前方に上がれないままあっという間に半分の11周回を終えてしまった。
この時点で既に逃げが出来ていた。
このままではまずいと思い、ホームストレートで緩んだタイミングで前方へ。
前方では追いつこうとペースを上げる人はいるが全くローテーションは回らない。
特に声を上げる人もおらず、ここは自分から声をかけて、
出来ればまだ余裕のある数人で追いかけるべきだった。というのが最大の反省点。
ラスト2周、ペースが上がったタイミングで焦ってコーナーでペダルをヒットさせてしまいさらに位置を下げてしまった。
そのまま流れ込んで10位。とても情け無いレースだった。
他の反省点としては、集団前方でローテーションを変わる時に、
ずるずると位置を下げ過ぎてしまったことだ。
使うべきところで脚を使って後手に回らないようにすること、
周りとコミュニケーションをとること、
集団内の位置を無駄に下げないことを意識して、
次戦の周南クリテリウムで優勝出来るように頑張りたい。

小松 亮一

【E3 タイムトライアル 22位】

3:06:03
雨のため路面には水溜りや川が出来ている状態。
試走では180度ターンのスピード、ブレーキポイントの確認をしっかりと行いますが、
なかなか限界ラインを詰めるまでは行かず試走終了。
本番TTではスタートでクリートキャッチミス。
数秒で順位が変わるTTでは痛いミス。
そこからの焦りかコーナーリングも安全に走りすぎてしまい、
出しきれず終わってしまいました。

【E3 クリテリウム 20位】

スタートから軽いアタックが散発、集団がなかなか落ち着かない状態で展開。
自分も積極的に動いて出来れば4〜5人で逃げを決めたいと思っていたので前々で周回。 結果的にはここで脚を残せなかったため、最終コーナーの位置どりに遅れてしまい、
スプリントに参加出来ずこのリザルトでした。
今回はこの結果でしたが、勝負できないレベルじゃないのは実感できてきています。
次戦の周南では良い結果を出せるよう頑張ります。

遠征をサポートして頂いた福岡トランス株式会社様、飯干さん、
チームの応援に来ていただいたホテル四季様、ありがとうございました。

辻野 壱哉

【E3 クリテリウム 10位】

調子は悪くなかったが思う様に動けず、終始消極的なレースをしてしまいました。
レース当日までに調子は上がってきていましたが、
その力を上手く発揮出来なかったと思います。
今回もジュニアギアを使用し出走しました。
ホームストレートでは追い風ということもあり、
スプリントでは大きく不利になってしまうため自分なりに考え、
最後は逃げの展開に持ち込みゴールしたいと考えていましたが、
それも出来ずに終わりました。
前もって考えていた事が全くできず、
レース中にも普段練習では出来ているような簡単な事もミスしてしまい、
本当に悔しいです。
次戦は、落ち着いて冷静にレースを進めて昇格を狙います。

原田 翔世

【E3 クリテリウム 4位】

レース序盤はペースが乱れ番手だときついので先頭で〜10周をこなします。
後半は若干ポジションを落とします。
なかなか先頭に復帰するのが難しく最終周回に入った時点で、
前に15人ほど残すまずい状況でした。脚を使ってなんとか5番手まであがり、
ゴールスプリント。ひとり捲って4着でした。
勝ちを狙っていたので悔しい結果になりましたが、
純粋にレースを楽しむことができました。
次は周南クリテリウムです。
しっかり準備をして優勝めざして頑張ります。
応援よろしくお願いします!

飯干 智章

【小学生高学年クラス 2位】

リアルスタート直後、
まず始めに僕がスタートアタックで相手の選手がついてくるのかを探り、
主導権を握るようにしました。
次の周のバックストレートで逃げたくてアタックをしましたが、
6名の選手についてこらたので、
インターバルのようなアタックをして相手を疲れさせるようにして作戦を変えました。
ラスト2周の時に自分が休んでしまい、そこで相手も休んでしまったので、
そこも休まずにアタックをかけていたらよかったと思います。
ゴールスプリントの前のカーブの立ち上がりはよかったのですが、
スプリントの時に頭を上げてしまったので、
そこで失速してしまい、さされてしまいました。
なのでアタックは切れのあるアタックをしたいと思いました。

有限会社ライフステージ福岡
ヨシケイ会のみなさま
クラブパラボラのみなさま
チームサニーサイドのみなさま
L’equipe de Ryoのみなさま
チームフィトコのみなさま