未分類

カンセキ真岡芳賀ロードレース 選手コメント

2021年3月30日

中川 智

ついに開幕!JCL(ジャパンサイクルリーグ)
第1戦カンセキ真岡芳賀ロードレース

距離152キロ平坦基調だがコーナーが多く集団後ろはインターバルが掛かる。

チームは沖縄&福岡合宿を行ってきて、
若手、ベテランとコミュニケーションを多くとり、
レースでも指示やコミュニケーションを取れる位置取りを意識した作戦を練りつつ、
VC福岡を他チームにも認めて貰う走りをしつつゴールを狙う!

序盤から6人出走となって後手を踏みたくないチームが多くアタック合戦。
入れ替わりチェックや逃げに乗りたい檜室をメインに動く。
途中、少し牽制が入ったタイミングで右京 横塚選手が先行。
そこにチーム 持留がヴィクトワールの選手と2人で追走。 
その3人で逃げが確定し、後ろはスパークル大分がコントロール。

そこに後ろはしんどいのでベテラン向川の指示を受け、
チームアピールを兼ねて檜室、東をコントロールに出して前で位置取りをする。
自身は周りのチームと話しながら位置取り。
途中、本多がメカトラブルで引き上げてバイク交換を行い後半戦へ。

次は自身のフロントブレーキがトラブルで効かなくなり危ないので、
集団後方で待機するが、前と後ろでは雲泥の差のインターバル。
(皆さんコーナー多いレースは前楽ですよ)

残り1時間から動きが発生し、各チームの逃げエースが先行、
そこにチーム 本多が追走するが、タイミングが合わず後ろはアタックと牽制が始まる。
指示が出たので牽引に行きラスト2周回へ。
勝ち逃げには届かない展開になったので、如何にメインでの後順位を狙うかに変更。
前々で展開し、ラストはメインでスプリント3番向川、4番本多がゴール。
逃げが6人いってたので開幕第1戦は9位向川が最高位で終わる。

全体的にチームをアピールしつつ動けたので、
今年のVC福岡は違うぞと内外共に少し示せるレースが少しは出来たのではないかと思います。
動画配信のクオリティーも高く、無観客ですが画面先から応援ありがとうございました。

檜室 建斗

チーム一丸で積極的にレース展開に絡む事が出来たと思います。
結果、向川選手が最高位9位、本多選手がマイヨエスポワール(新人賞)を獲得。
持留選手は中盤までの熱い逃げを魅せてくれました。

持留 叶汰郎

昨年からJプロツアーには参加していましたが、
ヘルニアによりどん底だった為、実質しっかり走れる状態では初のトップレースでした。

緊張していましたが、Team UKYOの横塚選手の単独逃げにブリッジして、
3人逃げで約半分を逃げる事ができ、チームにも良い仕事が出来たかなと感じています。

リザルトは残せませんでしたが、吸収後の激しい展開にも難なく着いていけたので、
調子の良さと存在感をアピール出来て良かったです。

本多 晴飛

初日のロードレースでは、エースを任され勝ちを狙う役割でした。
中盤までメンバーのアシストのおかげで、
メカトラがありながらも集団で順調に走る事が出来ました。

各チームのエースが動き出す中で勝ち逃げを逃してしまい、
単独で追走しましたが、追いきれず集団スプリントになり、結果は10位でした。
JCLデビュー戦という事もあり課題は山積みですが、
得た物も大きく、今後に活かしていきたいです。

東 優仁

立ち上がりが毎回きつく、
150キロのレースでコーナー立ち上がり1000Wが4回も出ていました。
まだまだ、走り方が下手くそだなと感じました。

有限会社ライフステージ福岡
ヨシケイ会のみなさま
クラブパラボラのみなさま
チームサニーサイドのみなさま
L’equipe de Ryoのみなさま
チームフィトコのみなさま